バイマのコミュニティ新生BUYMA VILLAGE

注意
この記事は、BUYMA VILLAGE村長の江川が、オンラインサロン内で配信した記事を特別に公開したものです。

オンラインサロン『BUYMA VILLAGE』も気づけば、1年と8ヶ月ほど経過し、

前身の『BUYMA PersonalShoppers Club』から計算すると立ち上げから2年が経過しました。

 

本当に最初は自分一人で立ち上げて数名の参加者からスタートしまして、

今では多くの実績者が生まれて、一緒に運営してくれる仲間も増え、

その中から更に新しいサービスも立ち上がり、2

017年の12月頃に構想していたことがようやく少しずつ形になってきたなと感じています。

 

 

今回、BUYMA VILLAGEの仕組みをアップデートしまして

新生BUYMA VILLAGEとしてスタートしています。

 

そして、サロン内では、専門家による『定期コラム』を配信することとさせていただきましたので、

第一号の配信として、代表者であり村長の江川がコラムを書きたいと思います。

 

 

江川誠一を簡単に自己紹介

これを読まれている方は、当然僕のことを知っている人が大半ですが、

VILLAGEに最近参加された方だと知らない人もいると思いますので、簡単に自己紹介を書いておきますね。

 

生まれや育ちは愛知県です。

前職では転勤もあったので、香川、大阪、沖縄にも住んでいました。

 

香川は何もない印象でしたが、うどんがとにかく美味しかった。

おしゃれなカフェもあったり小豆島とか亀山城とか出かけて一人でも充実した休日を過ごせました。

 

大阪はとにかく人が面白い。友人も沢山できましたが常に笑いがあり最高です。

毎晩飲み歩いていたと言うくらい夜を楽しんでいました。

 

沖縄は石垣島で漁師をしていました。

最初は慣れないことでキツイし楽しくないしで早く帰りたいと思うこともありましたが、

その生活にも慣れ余裕が出てくると、あの景色や気候を楽しむことができて、

何もなくても天気が晴れているだけで最高の景色が満喫できて幸せでした。

 

 

そして、今は結婚をして湘南に住んでいます。息子は間も無く2歳となります。
湘南に住んでいる理由は『海が好きだから』

ではなくて、BUYMAのビジネスの中で海外ブランドと総代理店契約まで進み、

東京のラフォーレ原宿へ実店舗を出店する機会があり、その経営のために関東に拠点を移しました。

 

しかし、僕自身が店舗に立つわけではないので東京に住む必要もなく、

都心から離れてゆったり生活のできる湘南地域を選んだ次第です。

 

 

BUYMAというビジネスとの出会い

僕自身が今、生活をできているのはBUYMAビジネスとの出会いがあったからです。

前職では、革小物の製造や販売をする会社だったのですが、

こだわりとして、ネット販売を一切しないという会社でした。

 

ですから、インターネットを使用してビジネスをするとか、

商品を販売するという発想や知識は一切ありませんでした。

 

それでも色んな土地へ行ったり、海外に出張に行くことは好きだったので、

「毎日会社に出勤なんてしないで、会社や店舗に拘束されずに自由な時間に自由な場所で仕事ができたら最高なのになー」と漠然と思うことはありました。

そういう気持ちは皆さんも少なからずお持ちだったと思います。

でも、実際にどうすればいいかわからないし、想像もできないまま日々を過ごしていました。

 

そんな僕でしたが、とあるきっかけで会社を辞めることとし、

次の仕事を考えなければいけなかったのですが、36歳という年齢もあり、

今更転職して雇われるつもりもなかったので、自分で何かしたいなと思い色々セミナーに参加していました。

 

そこで、出会ったのがインターネットビジネスというもので、

更にBUYMAはリスクなく誰でも始められるということで、「これだ!」と思いスタートしました。

 

 

初受注はKENZOのフラットシューズ

やはり初受注というのは嬉しいもので何を販売したのかしっかり覚えています。

それは、KENZOのフラットシューズです。

虎の絵柄が入っていて「かっこいいなー」という感覚だけで出品したものです。

 

その利益は微々たるものでしたが、そのきっかけでBUYMAで稼ぐ事が自分でもできると実感できたわけで、今の活動の原点とも言えるので、とても大きな存在だったわけです。

 

まだBUYMAをスタートしたばかりの人はイメージできないでしょうが、

今、売れた商品が例え、数百円の利益だったとしてもそれがきっかけで

BUYMAのビジネスの可能性さえ感じていただければ、

その体験が、将来の数十万円、数百万円、数千万円を生み出すものになるかもしれません。

 

他にも印象に残っている取引のお話をすると、

マークジェイコブスのバッグを購入してくださったお客様がとても素敵なお客様で、

ご姉妹にも紹介してくださり、リピート購入をしていただきました。

 

当時、それが本当に嬉しくて、そのお客様がお住まいなのが、

長野県の松本市で、ひとり旅に松本へ温泉旅行に行きました。

 

別にそのお客様に会いに行ったとかではないのですが、

何かお礼がしたいと思ったら、そのお客様の土地へ行って楽しむことで、

お客様の地元を満喫することが間接的ですが感謝をお伝えできるかなと思ったからです。

 

BUYMAで日々の活動に追われているとどうしても余裕が無くなったり、

ノウハウやテクニックに目線がいきがちですが、「想い」の部分や

「コミュニケーション」の部分って非常に大切だと思っています。

 

これは、長年、接客業に携わってきたからなのかもしれませんが、

インターネットビジネスでは伝わりにくい、疎かにしがちだからこそ、

意識するだけでも他者と差別化は容易にできると思います。

(この記事を書いていると初心を思い返して色々とネタが出てきますが、キリがないので、また別の機会に書いていきたいと思います。)

 

 

どんな瞬間もどんな環境も楽しみたい

僕は、気づけば41歳という「おじさん」になってしまったのですが、

それなりに色々経験をさせていただいてます。

 

失敗の数や失敗のレベルは、他人に負けない自信があります。

だからこそ、それが経験値となり今に活きています。

 

普段、悩んだり気にする、ほとんどのことが大した問題ではなく、

結局なんとかなるとわかっているので、その時々を楽しむことができています。

(沖縄風に言うと「なんくるないさー」の精神です)

 

 

今までコンサルタントとして、多くの方をサポートさせていただいていますが、

そこでも感じることは、活動を楽しめている人は成果を出しやすく、

楽しめていない人は成果が出にくいと言うことです。

 

これは、成果を出しているから楽しんでいる。成果が出ていないから楽しめていない。

ではなく、楽しんでいるから成果が出ていて、楽しめていないから成果が出ていないのです。

 

楽しめている人は、失敗も成功の元。経験値として糧にできます。

どう転んでもプラスにしかならないです。

 

しかし、楽しめていない人は、失敗すれば更に落ち込んでいきます。

成功しても自分を褒めたり、なぜ成果が出たのか冷静に考えることができず、

それどころか、成功すらマイナスに捉えて、どう転んでもマイナスにしか進んでいきません。

 

 

BUYMA VILLAGEで発言ができない人も、

発言が間違っていたらどうしようとか、変なこと言ったらダメだなと考えている人もいると思いますが、

そんなこと気にしないでどんどん発言してくださいね。

 

 

新生BUYMA VILLAGEを一緒に楽しみましょう!

最後は精神論的な話になってしまいましたが、僕はこのBUYMA VILLAGEを楽しんでいます。

様々な土地で住む場所も生活スタイルも何もかも違う人々が『BUYMA』と言う共通項のみで集まり、

自由に発言し合う環境は素敵だと思っています。

 

僕自身もまだまだ成長途中ですし、このBUYMA VILLAGEも進化の途中です。

皆さんとともに創り上げていきたいと思っていますので、是

非、この環境を楽しんでくださいね。

 

それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

 

注意
この記事は、BUYMA VILLAGE村長の江川が、オンラインサロン内で配信した記事を特別に公開したものです。