コンサルタントやコンサルティングとは何?どんな仕事?

こんにちは!就職や転職をする際に、先ず検討をするのが「どんな仕事をしようか?」という職種についてではないでしょうか?世の中には様々な職種がありますが、そのなかでも人気があるものに「コンサルタント」があります。

僕自身、11年勤めた会社を退職し自分で何かを始めようと思った時に、相談した方に勧められたのがコンサルタントでしたが、実際に当時はコンサルタントがどんな仕事で自分に何ができるかはわかりませんでした。

 

コンサルタントという職業は日頃からよく耳にする職業ではありますが、具体的な業務内容やどのような種類のコンサルタント業があるのかをご存知の方は意外と少ないかもしれません。

 

今回も、そんな「コンサルタント」という職業について詳しく紹介をしたいと思います。コンサルタントという職業がどのような仕事なのか?コンサルタントになるために必要なことは何か?といったこれからコンサルタント職を目指そうという方の参考となるような情報をご紹介します!

BUYMAのコンサルタントを目指す人にも参考になると思います!

 

 

コンサルタントとは?

先ずは「コンサルタント」という職業が何を行う仕事であるかということですが、

コンサルタントとは「ある分野について助言や指導を行う専門家」を指します。自分自身の経験やスキルなどの専門性を活かして、アドバイスなどを求める人もしくは企業に対して課題解決といった提案を行うというのが一般的なコンサルタントの業務となります。

僕の場合は、BUYMAのパーソナルショッパーへのアドバイスはもちろん。BUYMAのコンサルタントに対してのアドバイスもしています。また、BUYMAとは関係ありませんが、美容関連企業へのアドバイスもしています。

 

そのため、非常に幅広い分野にコンサルタントが存在しており、様々なコンサルタントが存在をしていますが、最も代表的なものが「経営コンサルタント」になるでしょう。

 

経営コンサルタントは、その名の通り企業経営に対する助言やサポートを行うコンサルタントのことですが、主には、新たに起業を目指す経営者への事業拡大支援や事業不振に陥った企業経営再建などを第3者的に外部からサポートをする事業経営の専門家を指します。

BUYMAで起業したい副業したい個人に向けてのコンサルタントも「経営コンサルタント」と言えるでしょう。

 

経営コンサルタント以外のコンサルタント業には、ITコンサルタントや金融コンサルタントなどのように、より特定分野に専門性を持つコンサルタントなどがいます。

 

また、人材紹介エージェントや広告代理店などのような提案型の無形商材を取り扱う一部の営業職もコンサルタントと呼ばれますが、業務内容としては「コンサルティング営業」となり、基本的には営業職の一部となります。

 

 

コンサルタントの仕事内容は?

コンサルタントが行う「コンサルティング業務」について、もう少し詳しく説明したいと思います。

 

先ほど説明をしましたが、コンサルティングは自分自身の専門性を活かして助言や指導を行う業務のことで、経営コンサルタントの場合には、起業を目指す人への事業経営全般の助言を行うことや、事業不振に陥っている企業への指導などを指します。

 

このように、依頼者(クライアント)の目標達成や課題解決に対して施策や対策の提案を行うことがコンサルティング業務の概要となります。

 

例えばITコンサルタントの場合、クライアント企業におけるITシステム構築に対する計画立案と実行の管理を行います。

僕の前職の会社は、仕入れ・製造・販売まで自社で一貫して行う企業でしたが、仮に工場などの作業管理のIT化に対するコンサルティングとした場合には、現状の作業管理に関する課題を抽出し、そのことから発生する作業人員や期間などのコスト面、また製品に関する品質などの問題を明確化し、ITシステムを導入することで改善され、得られるメリットの算定を行います。

 

そこから、導入費用などの概算とスケジュールなどの全体シナリオを作成し、提案することがコンサルティングの主な業務となります。そこから実際のシステム構築や運用管理などはITエンジニアの業務となりますが、このような実務者の管理やプロジェクト全体の管理などもコンサルタントの重要な役割と言えます。

 

このようなクライアントの課題に対して全体をプロジェクト化し、そのリーダーとして全体管理を行うコンサルティング以外にも、人材コンサルタントのように、人材採用という企業の特定ニーズに対して、人材提案という特定業務のみで対応をするようなコンサルティング業務も存在します。

 

しかし、最近増えているのは、企業相手にコンサルタントを行うよりも、個人に対してアドバイスをするコンサルタントが急増しています。

BUYMAのコンサルタントもその筆頭ですが、そのようなインターネットビジネスのコンサルタントもいれば、お掃除コンサルタント、お片づけコンサルタント、家事の分野などにも細分化されて誰でも気軽に得意を活かしてコンサルタントになる時代です。

 

 

コンサルタントになる方法は?

それではコンサルタントになるためにはどのような方法があり、何が必要となるのでしょうか。

 

コンサルタントは有資格業種ではないため、基本的には資格が不要です。そのため、自分自身が「コンサルタント」として活動を行うことで誰もがコンサルタントになることが可能となりますが、一般的には、コンサルティング事業を行っている企業に就職することがコンサルタントになるための正攻法となります。

 

ただし、先ほども説明をしましたが「コンサルティング」を行うためには、経営やITなど何等かの分野に対する専門性が必須となるため、コンサルティング事業を行っている企業に就職するためには、専門性を証明する資格やスキルを身につけることがコンサルタントになるためには必要とも言えます。

 

コンサルタントとして認知されやすい資格としては、経営コンサルティングに直結する「MBA」や「中小企業診断士」があります。また、広い意味の経営コンサルティングとしては、経営状態の正当性などを外部からチェックをする「監査法人」もコンサルティング系の企業としてあげられ、そこで活躍をする「公認会計士」や「税理士・社会労務士」などの有資格者もコンサルタントとして扱われることが多く、なかには経営コンサルタントとして独立する人が多いことも特徴的です。

 

一方で個人に対するアドバイスをしているコンサルタントでMBAまで取得しているようなコンサルタントはなかなかいません。僕自身、BUYMAをはじめ複数のコンサルティング事業を行っていますが、資格と言えるのは、2級販売士の資格くらいです。

 

 

どんなコンサルタントがあるの?

改めて「コンサルタント」にどのような種類があるのかを紹介します。

 

・経営コンサルタント

経営の専門家として、これから起業をしようと目指す実業家などに対して経営全般へのアドバイスや、事業不振に陥っている企業に対して問題点を整理し、課題抽出を行って、業務改善を行うなどの業務となります。主に、MBAホルダーや中小企業診断士、公認会計士、税理士といった企業経営に関わる専門資格を保有したひとがなる傾向があります。

 

・金融コンサルタント

主に投資に関わるアドバイザリーとして個人、法人に関わるコンサルタントです。株式投資のほか、法人の場合には、M&Aやベンチャー企業への投資などに対して助言や指導を行います。

銀行出身者や、投資ファンドなど金融機関出身者が担う金融のプロフェッショナルです。

 

・人材コンサルタント

企業における人材採用に対して、人材紹介を行うコンサルタントになります。

人材紹介会社に所属をする営業職を指すケースが一般的となりますが、より本格的なコンサルタント職として活躍するコンサルタントのなかには、採用計画そのものの提案などを、企業における課題などから実施するケースなども存在します。

 

・ITコンサルタント

企業におけるITシステム導入を計画立案から導入後の運用といった上流から下流までを一貫して請け負うITの専門家で、システムベンダーなどに所属をするSEなどが該当する業種です。

 

・BUYMAのコンサルタント

BUYMAビジネスを体系的に捉えて、初心者、中級者、上級者に向けて段階ごとに目指す目標数値まで、現状の問題点や課題を抽出し目標達成や経営改善の助言や指導を行います。

 

・お掃除コンサルタント

育児と仕事と家事で忙しくて、溢れるモノを整理する時間が取れない。片付けるのが苦手で、どこから手を付けたら良いのか解からない。そのような方のために片付かない原因を分析し一緒にご自宅に適した整理収納の方法を考えて、クライアントと一緒にお掃除をします。

 

そのほかにも、様々なコンサルタントが存在をしていますが、基本的には各分野において課題解決や業務改善提案を行って企画立案とプロジェクト管理を行う多くの職種がコンサルタントとして認識をされています。

 

まとめ

「コンサルタント」という職業について解説をしてきました。

 

コンサルタントという職業は、経営などのクライアントが抱える課題への解決提案や、事業拡大に対する経営支援、そのほか、人材採用などに対する採用支援など、他の企業が行う事業を第3者としてサポートする仕事になります。

 

魅力としては、対応業界や業種が幅広く、同時に複数のビジネスプロジェクトに関わることができるため、短期間で凝縮したビジネス経験を積むことができます。その反面、あくまでも第3者支援という形になるため、当事者としての事業成功体験が薄くなるといったことで、コンサルタントを経験して、自ら経営者として起業をしたり、改めてメーカーなどの事業会社に就職をするコンサルタントも少なくありません。

 

先ずは、自分自身がどの分野に対して専門性を発揮したいかを考えてみることが重要となるので、自分自身の得意分野を作ることからはじめてみましょう!