BUYMA【バイマ】海外買い付けパートナーで発送業務を外注化して仕入れ力UP!

この記事を書いた人

MATSUO菊農園経営

33歳妻子持ちの無職から一転。BUYMAでは毎月60万円以上稼ぎつつ、海外と日本の2拠点生活をしながら海外に2つの会社を経営しています。何にも縛られず、自由な場所・自由な時間に仕事が出来る生活環境を大切にしています。

 

 

こんにちは。
BUYMAの活動をしていると海外買付パートナー 外注という言葉をよく見かけますよね。

オンライン買い付けに慣れてきたころには、日本に直送してくれないショップも多く見つかっていることと思います。せっかく良い商品が見つかったのに買い付け出来ない!という事はありますよね。
また、送料がとても高く仕入れ額があがってしまう。ライバルはなぜこの価格で出せるのだろう?などという場面も多いのではないでしょうか?

今回は海外買い付けパートナーとは何なのか?どうやって見つけ、何のお仕事を外注して依頼するのかなどをお話しします。

 

海外買い付けパートナーとは?

 

日本に直送してくれないショップや日本から買うよりも安く買える商品をあなたに代わり買い付けしてくれる外注パートナーさんの事です。
発送のみ依頼する場合と、買い付けと発送を依頼する場合があります。

海外パートナーがいる事によって仕入れの幅もグンと広がりますし、安く仕入れる事も可能です。

一見むずかしそうに聞こえるかもしれませんが、そんなことはないんですよ。
この記事を読んで是非海外パートナーを見つけて下さい。

 

 

依頼するお仕事

発送のみ依頼する

この場合はオンラインで日本から買えるが、日本に発送してくれないかショップの送料が高くつくというケースになります。

オンライン仕入れの決済画面では、請求先住所と発送先住所を入力することになります。
いつもの仕入れ時と同じように請求先住所を登録しますが、発送先住所には海外パートナーの住所を入力するようになります。

たったこれだけの差なんです。外注といっても簡単ですよね。
商品が海外パートナーの手元に届いた後は検品・発送をやって頂くという流れになります。

買い付けと発送を依頼する

日本から買えない商品の多くは、日本で発行されたクレジットカードでは決済が出来ない場合が多いです。そんなとき、現地に住む海外買い付けパートナーに依頼して決済もしてもらいます。
買い付けしたい商品やサイズなどを海外外注パートナーに伝えて買い付け。

こちらも海外パートナーの手元に届いた後は検品・発送をやって頂くという流れになります。

 

 

依頼価格はいくらぐらい?

これは依頼するお仕事内容・お住いの国などにもよって相場が変わってきますが、私が見る中では1000円~4000円くらいとなっています。

取り扱う商品の価格にもよりますよね。数万円とか数十万円のアイテムを取り扱う場合は利幅も大きく取れる事が多いので、報酬も多くお支払い出来るという事になります。

もちろん海外パートナーさんも高い単価をもらえればうれしいものです。
単価を安く抑えるというだけでなく、一緒にお仕事をしてくれる仲間に多く報酬をお支払い出来ればお互いにハッピーですよね。

利益を分け合うという考えでお仕事依頼単価を決めるのが良いと思います。

 

 

どこの国の人がいいの?

さて、こういうご質問もたまに受けるのですが、答えとしては
世界中どこの国でもOKとなります。

BUYMAのトップページには買付地一覧というものもありますので、そこからリサーチしてみれば自分の出品したいものが見つかると思います。
もしくは、ご自身が得意としている仕入れ国があるのならその国から始めてみるのもよいでしょう。

 

 

パートナーはどこで探せるの?

ランサーズ
クラウドワーク
@SOHO
現地の掲示板(ジモモ、MixBなど。)
インスタグラム、ツイッターなど。
知り合いにお願いする。

などなど色々なところで探すことが出来ます。
例えば、国名 買付 代行などとそのサイト内で検索すると多くの情報が出てくるので簡単に見つかります。

既にほかの人が募集している内容を見れば、外注依頼単価の相場や募集のやり方なども分かりますのでぜひ一度ご覧になってください。

ちょっとしたテクニックもありますが、私が実際に初めて海外の外注さんを採用した際は

たった半日くらいで10名以上の募集がありました。
多くの応募がある中で、出来れば良いパートナーと一緒にお仕事がしたいものですよね。

ここからは、採用の際に気を付けるべき点は何かをお話しします。

 

 

海外買い付けパートナーをもつ際に注意する事

信用出来る人かどうか

当然の話ではありますが、これが最重要となってきます。
BUYMAの海外パートナーさんが買い付けする際は、こちらから買付代金や日本への送料、その他の雑費などを前もってお支払いするようになるかと思います。

代金を預けるわけですから、最悪の場合は持ち逃げされてしまうことだって考えられますよね。
加えて、お客様から受注頂いた商品がパートナーの手元に届くのでそちらも同様のリスクがあります。

ですから、信頼してお金や商品を預けられる人という事が絶対条件となってきます。

住んでいる地域

例えば同じアメリカ国内でも、外注パートナーが済んでいる州によって税金が変わってきます。
これは仕入れ値に影響しますので、国だけでなく地域まで事前に聞いて採用の可否を決める方がよいでしょう。

まめに連絡が取れる人か

採用前にもメッセージのやり取りがあるかと思います。
その際に返信の早さなどは要チェックですね。
ただでさえ海外とは時差があり連絡は取りづらいものですから小まめに連絡が取れる人に外注をお願いしたいものです。

上記のような注意点があるので、最低限パスポート写真の交換や契約書締結などはさせておいた方が良いですね。

 

 

代行業者を使うのもひとつの手

これまで一個人に外注して海外買付、発送をお願いする話をしてきましたが、これらを専門としている代行業者が沢山あります。
この場合、プロとして代行業務を行っているので安心度は高いですよね。

海外 発送 代行 などと検索すれば多くの情報が出てきますが詳しくは
https://the-buyers.jp/transfer-3/
こちらにも記事がありますのでご覧ください。

 

 

さぁ、出品してみましょう

さて、大まかな流れは理解していただけたかと思います。

あとは出品するだけなのですが、価格設定に気を付けてください。
普段と異なる点は、海外送料・海外での税金・日本までの発送料・パートナーへの報酬、これらが仕入れ価格に上乗せされるという点ですね。
これらを計算して商品販売価格の設定をします。

慣れれば通常の出品と大きく変わりがありませんが少し気を付けましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

海外で人を雇うとか外注化とか聞くと難しく感じますが、実際やってみればそんなことはなく海外買い付けパートナーを持てると思います。

今まで仕入れを諦めていた商品が取り扱える
高利益が取れる商品が出品できる
送料が安く抑えられる

などなどメリットがいっぱいですので、ぜひ皆さんもチャレンジしてください。
このような海外在住者のバイマ活動の疑問点や稼ぐポイントの質問があれば下記のフォームからいつでもご連絡くださいね。

Contact Us

ご質問やご相談はこちらからどうぞ!
私が責任を持って回答します。