緊急事態宣言でどのような変化があったか

こんにちは、村長です。

日本も先日緊急事態宣言が発令されました。今は世界中が新型コロナウィルスに苦しめられて人類としてこのウィルスと戦っています。

まずは、コロナに苦しめられている世界中の方、ご自身や、家族友人などが苦しめられている方、皆さんにお祈り申し上げます。

そして、毎日命をかけて必死に戦っている医療従事者の皆さんへエールを送ります。
本当にありがとうございます。

 

すでに観光業、飲食業など多くの業種に打撃が出ており、大手自動車メーカーや航空会社も存続が危ぶまれています。

これからの時代は会社に依存はできない。会社員に安定はない。という声が聞こえてきますが、一方で個人事業主やフリーランスでも職種によっては打撃を受けており、社会全体が混乱しはじめています。

 

 

そこで今日は、この新型コロナウィルスの感染拡大、パンデミック、緊急事態宣言という状況の中で僕のような一人経営者はどのような影響を受けているかをお伝えしたいと思います。

 

お仕事が休止状態になっている方、収入がストップしている方、転職を強いられている方や、身内がそのような状況に陥って戸惑っている方々の参考になればと思って書いてます。

 

 

緊急事態宣言後の今現在の生活状況

まず、最近あまりブログ記事を更新していない僕ですが、

日々目まぐるしく変化していくこの状況の中で、日増しにメルマガ登録者やメールで質問をいただくことが増えており、

この混乱の時に、新たな収入源を探している人が沢山いて、BUYMAなどの副収入の情報収集で辿り着き、これから更にそれが増えていくことをひしひしと感じています。

いよいよ、何かお伝えする必要があるのではないかと思い、ブログを更新しています。

 

 

僕自身は、なんの専門家でもなく、ウィルスや感染症に関しても、経済に関しても専門的な知識はなく、毎日ネットやYOUTUBEで様々な情報を得ているにすぎません。

ですから、あくまで『インターネットを使用した一人経営者の僕』の現状について、質問形式でお伝えしたいと思います。

 

質問

まず、現在の生活状況はどんな感じですか?新型コロナの発生前と発生後の変化はありますか?

今は、関東に住んでおり緊急事態宣言の対象の都府県ですので、基本的に自粛をして外出は控えています。

自粛と言っても生活面で大きく変わることはなくて、ほぼいつも通りの生活をしています。

 

新型コロナの発生前と発生後の影響については、子供のための外出がかなり制限されて、雨の日は遊ぶ場所がないことが困っています。幸い、最近は良い天気が続いてますので、晴れている日は、ストライダーをしたり自然の中で遊んでいます。

 

質問

ほぼいつも通りとはどんな生活ですか?もう少し具体的に教えてください。

1日のスケジュールで言うと、朝7時頃起床し、コーヒーを飲みながらPCに向かい、一通りチャットに返信します。

ビジネスパートナーからの連絡、報告やコンサルティングの生徒さんの日報や相談に対して返信します。午前中が一番頭が冴えていますので、重要なチャットの返信からZOOMミーティングなども基本は午前中です。

一通りチャットやメールの返信が落ち着いたら、2歳半の息子が朝からワイワイ暴れているので、しばらく一緒に遊びます。

 

緊急事態宣言で自粛の時ではありますが、人通りのない川沿いの散歩道でストライダーに乗り1時間ほど遊びます。息子も満足したら帰宅して事務所へ出社します。

事務所とは言っても、自宅と同じマンション内に借りている別の部屋なので、実は移動もなく、人との接触もありません。

自宅から川沿いの散歩道まで、徒歩5分。自宅から事務所まで20秒。これが現在の行動範囲です。

 

 

正午前から夕方18時頃まで事務所に籠もっています。

そして18時頃には帰宅し、家族で夕食をとり、息子とお風呂に入り、寝かしつけてから21時くらいから深夜までまたPCに向かっています。

 

そんな感じの生活を送っていますが、新型コロナ感染拡大の前は、上記に加えて、ジムでトレーニングや、スタバで仕事をすることもありました。

また息子の習い事に付き添い出かけることありましたが、それらがなくなっただけです。

 

 

なので、今は自粛で飲みに行かないとか外出をしないとか、自宅でテレワークをするとか、人との濃厚接触をしないなど言われてますが、オンライン上でビジネスをしているとそれが当たり前の状態なので生活が激変することはありません。

 

「人との関わりがなく、孤独なんじゃないか」と思われるかもしれませんが、全然そんなことはなくて、

複数のビジネスに関連して大小のチャットワークグループや個人チャットも含めて70件ほどが、常に稼働しています。(どこかのグループに属しているとかではなく、全て自分が主体となったチャットルームです)

またオンラインサロンもありますし、常に誰かとコミュニケーションを取り続けていますし、それ以外の時間は家族や友人との時間になるので、人との関わりはかなりある方だと思います。

ただし、身体的距離が近くなるのは、家族とごく一部の友人くらいで、ビジネスで関わる人は全てオンラインです。

 

リアルではなくオンラインだからこそ効率よくそれだけの人数と接触できるのです。

ソーシャルディスタンス(社会的距離)という言葉を耳にしますが、フィジカル・ディスタンス(身体的距離)を保ちながら、ソーシャルで繋がるようにしているのです。

 

 

 

質問

全くと言っていいほど影響がないようですが、その中でも影響の出ていることを教えてください。

全く影響がないと言うことはありません。もちろん、影響はあります。

 

・宮古島へ家族旅行する予定ができなくなった。

・ディズニーランドへ遊びに行けなくなった。

・息子の習い事が自粛になって体力が有り余っている。

・トレーニングジムは3密に当てはまるので行けなくなった。

・妻が習い事やマッサージなどに行けなくなった。

・外食できる場所が限られるようになった。

今のところの影響はこれくらいです。

 

できなくなったことのほとんどは娯楽の部分なので、生活面での大きな影響はありません。

仕事の面や収入の面で大きな変化はありません。

 

 

自分自身が改めて実感していますが、6年前に会社を退職しBUYMAで独立してから紆余曲折がありました。

ビジネスを大きくしすぎて社員を何名も雇ったり、大きな借入をしないと回らないようなことをしたり、そう言ったことも一通り経験しています。

 

それらの経験があったからこそ、今では、リスクのあるものや過剰なものは全て排除し、自分の身一つで家族をしっかり養い、更に将来的に持続可能なビジネスや活動を心がけています。

最終的には限りなくリスクを減らし、シンプルに必要なものを必要な分だけ確保し、無駄のない環境を整えることができました。

 

 

新型コロナ感染拡大はBUYMAにどんな影響があるの?

質問

BUYMAや収入源について影響はないのでしょうか?

BUYMAについてですが、この点が読者さんは一番気になるところだと思いますが、今のところ、9割影響はありません。

一部海外在住の生徒さんで、自国から商品が発送できなくなった人もいますが、すぐに対応策を提案し回避できています。

BUYMAと言っても、活動方針や具体的な活動内容は様々です。

 

影響が出ているところは、大きな打撃を受けているところもありますが、僕を含め、僕の生徒さんでもほとんど影響を受けていません。

その辺りの新型コロナのBUYMA(バイマ)への影響については、サロンメンバーの佐原まいさんが動画で解説されているので気になる方はこちらをご覧ください。


むしろ、外出自粛や、店舗の休業などで、オンラインで購入の需要は高まり、注文が増えていると言う人もいます。

数ヶ月前にコンサルティング受講をスタートして2月に10万円ほどの利益だった人が、3月は20万以上の利益になり、4月は30万円稼ぐペースで売れていると言う人が複数います。

 

もちろん、このまま新型コロナウィルスの影響が長引けば、将来的にどうなるかと言うのははっきりとは言えませんが、今のところ、これからしばらくはまだまだ需要の高いビジネスと考えていいと思います。

 

 

 

質問

一部影響の出た海外在住者というのはどういう影響でしょうか?ロックダウンの影響ですか?

海外在住の生徒さんはイギリス在住で外出ができない人や、ドイツ在住で、日本に発送ができない人など影響が出ており、その他の国でも少なからず同じような影響が出始めています。

 

そこで取れる行動をはいくつかあり、各自が対応しています。

 

一つ目は、受注を受けたら、お客様に事情を説明し、ご理解いただき買い付け発送ができるまで待っていただくという方法。

当たり前の対応ですが、丁寧に対応することで、お待ちいただくことができていますし、他の商品の提案で購入につながっているケースも沢山あります。

しかし、これだけでは根本的な解決にはならず、全体の売り上げ減少は止められません。

 

二つ目は、自国内から発送ができない場合、現地で買い付けできても日本のお客様へ送ることができません。

そこで、オンラインを活用して他国で購入したものを、日本の発送代行業者、発送代行GIFT BOX宛に発送して、代行業者を経由でお客様に発送すると言う手段です。

 

発送代行GIFTBOXの本来は、日本在住ショッパー様に向けてのサービスとして立ち上げました。

受注が増えて発送数が増えると、発送業務もかなり大変です。海外からの商品の荷受けも在宅している必要があり、かなり生活や時間が拘束されます。

それを解決し、荷受け、検品、発送を代行するのがGIFT BOXのサービスです。

 

しかし、今回の新型コロナの影響で、自国から発送できないショッパーの方や、店頭買い付けが困難になってオンライン買い付けに切り替えた海外ショッパー様からの需要が高まっています。

 

GIFTBOXを利用すれば、世界中のオンラインショップが買い付け対象となりますので、活動の幅は広がります。ですから、結果的には活動の幅が広がり良い方向に進んでいる海外在住ショッパーの生徒さんが多いです。


 

インターネットを活用した一人経営者のこれから

質問

今後も活動は変わらないのでしょうか?

今後も変わらず自分自身にできることを粛々と進めていくことに変わりはありません。これから数年先どころか、数ヶ月先、数日先のことも予測できないような時代になっていますので『今』できることをしっかり取り組んでいきます。

 

経済を止めることはウィルス以上に死者を増やすことにも繋がりかねませんので、店舗を構えずオンラインでビジネスをしている自分は今まで通りオンライン上で経済を回していきます。

 

オンラインサロンやコンサルティングの生徒さんなど、コミュニティに参加されている人のために更に活動がしやすくなるために何ができるか?というのを日々考えています。

 

身体的な接触などはありませんが、オンラインのみでも十分つながりはできますし、プライベートを維持した上で必要な部分だけしっかり繋がりができる。

必要な時に必要は人とだけしっかり繋がることができる。

 

こういった緩やかな繋がりが僕に取っては居心地が良く、そういったことに世の中全体的に気づいて、シフトしていく人が増えていくことはとても歓迎しています。

 

 

ただ、このまま世界全体的に不自由な生活が続くことは早く解決に向かって欲しいですね。