バイマ出品制限の解除方法|偽物に注意

注意
この記事は、BUYMA VILLAGE、オンラインサロン内で会員用に配信された記事を特別に公開したものです。

この記事を書いた人

加藤ビリーBRAND BANK運営者

ラスベガス在住。貿易物販、不動産投資、アメリカ法人登記などの実務とコンサルタントをしています。BRAND BANKの運営者です。

この記事は刺激が強目なのでご注意ください。

BUYMAの中に偽物はあるのか、出品者でも購入者でも

気になるところだと思います。

 

BUYMAの中には偽物があるというのは今は常識だと思っています。

だから昔はなかったショッパーに出品制限が出来ました。

(購入者保護の観点から必要なことですね)

 

 

世界の偽物事情

UGGは8年ほど前、爆発的に売れてました。

その時にプレミアムパーソナルショッパーだった人たちはみんな偽物でした。

 

 

BUYMAも日本人も知らない現実
日本以外は偽物天国!です。

 

中国や韓国が偽物が多いのは皆さんも税関もご存知でしょうが

じつはアメリカもヨーロッパも偽物は簡単に手に入ります。

 

世界的に有名な観光地に行けばGUCCIもPRADAもROLEXも買えるのですが

普通の街の小さなお店ではVansやNIKEなんかの偽物も売っています。

 

 

実によく出来た精巧な偽物ですのでわからない人も多いと思います。

少しだけお得な商品に多いです。

 

 

偽物を扱わないために

BrandBankでは偽物を扱う事は出来ません。

転送依頼でも偽物の可能性があるとこからはお断りをしています。

 

偽物かどうかの一番簡単な調べ方は、そのブランドのその国のHPに行き

目当てのお店が正規代理店として載っているか見ればわかります。

 

載ってなければそれは本物では無い可能性があります。

一応公共の場なので「本物で無い可能性が高くなる」という言い方をしますが

僕が直接話すならば「絶対に偽もんよ♪」となります。

 

 

理由はブランドの卸の契約をしようと思うと保証金を入れて

ロットでダースごとの仕入れになります。

 

セレクトショップというものはアメリカには存在しません。

 

アメリカの場合は大手デパートがその位置づけになると思います。

いくらコネがあっても割り引きなどはありません。※有名ブランドの話です。

 

ロットでの仕入れになるので売れ残りが出ます。服などは特に小さいサイズと大きいサイズが

来年はまた次のラインを仕入れないといけない契約なので売れ残りはセールにして売ってしまいます。

 

これがブランド直営店では出ないセール品が正規代理店にある理由です。

 

 

普通、正規代理店は全米に店舗がある、もしくは州内にいくつかの支店があるレベルです。

でないと契約して仕入れた商品を売りさばく力がないので、いわゆる大手でないと無理です。

 

いくつも買うだけで転売業者と間違われて断られる事もあるブランドプロテクションが強いメーカーがあるくらいです。

 

正規代理店の利益を守る為にです。

すいません。話がだいぶそれました。

 

 

偽物は売っても買ってもダメ!

店舗ならまだわかりそうですが、ネットだとその経済の仕組み(ライセンスがあって契約して始めて売れる)を

知らないと「安く買える」と喜んで仕入れる人がいます。

 

アメリカでアメブロを見ても当時はUGGのサイトの広告が出ていました。

そこから仕入れれば9800円で売っても利益が4000円くらい取れそうでした。

 

このような人たちがいたせいで大分偽物が売られました。

なので一番簡単に偽物が買えるUGGなど数点のブランドはショッパー制限が出来ました。

 

これがショッパー制限が出来た理由なので制限解除は簡単です。

 

本物が売ってる場所で買う事を伝えれば問題ありません。

例えば一つ直営店か正規代理店で購入してそのレシートを送るなどです。

 

 

ちなみにハイブランドを扱い始めるとBUYMA事務局から出品の一時停止のお知らせがある場合があります。

どこから買ったのか(買うつもりなのか)を教えて欲しいというメールがきます。

 

すぐに丁寧に返答すればなんの問題もありません。

BUYMAが知りたがってるのは
「ちゃんとしたところで買ってるの?」
ってとこだけです。

ただここで気をつけないといけない事があります。

 

 

それはBUYMAが全てを知ってるわかってるわけではないってとこです。

例えばあんしんプラスは鑑定してから初めて偽物かどうかわかります。

仕入れ先として有名なところが安全だとは思わないでください。

 

最後は意味深な終わり方をしていますが、実は皆さんが活用している有名な仕入先でも偽物は存在しているということです。

実際に今回調査をした結果、かなり有名なサイトの運営元の情報が怪しいことが判明しました。

 

また、有名な「特別割引の仕入れサービス」で扱われている店舗にもいくつも不審な点が見つかりました。

知らず知らずにうちに偽物を販売させられてアカウント停止になってしまうこともありえますので、

仕入れルートの確認は慎重に行ってくださいね。

 

BUYMAビレッジの中ではこのような情報も定期配信しています。

 

注意
この記事は、BUYMA VILLAGE、オンラインサロン内で会員用に配信された記事を特別に公開したものです。