海外在住でもパソコン1台さえあれば副業で稼げる。【先進国編】

この記事を書いた人

MATSUO菊農園経営

33歳妻子持ちの無職から一転。BUYMAでは毎月60万円以上稼ぎつつ、海外と日本の2拠点生活をしながら海外に2つの会社を経営しています。何にも縛られず、自由な場所・自由な時間に仕事が出来る生活環境を大切にしています。

 

 

みなさんこんにちは。
前回は海外在住者がPCだけを使ってBUYMAで稼ぐ方法を大まかにお伝えしましたね。

前回の記事はコチラ↓↓
海外在住でもパソコン1台さえあれば副業で稼げる。BUYMAで稼ごう。

今回は先進国に住む日本人の方々に特化した話題になります。

私も海外在住者として生活してから約10年がたちました。
日本とは違う海外の不便さを感じつつ、自由に好きな国で住みながら稼ぐ事に幸せを感じています。

さて、先進国に住む方々が副業としてBUYMAで稼ぐにはどうしたらいいのか。
他の地域に住む人たちとの違いも含めてご説明しますね。

 

他の地域に住む人たちとの違い【メリット・デメリット】

先進国に住む人がBUYMAで稼ぐのと、日本やその他の国に住む人とでは何か違いがあるのでしょうか?

一つずつ見ていきましょう。

 

日々の出品作業

日々の出品作業は他の地域に住む人たちと大きくかわりませんね。

オンラインのPC作業だけで出来るので、どこでも作業ができます。

自宅でガッツリ、お気に入りのカフェでまったりと自由に仕事が出来る事が良いですね。

 

筆者のMatsuoも今現在、この記事をお気に入りのカフェでフルーツジュースを飲みながら書いております。
時間と場所を問わずに仕事ができる事ってとっても幸せですね。

 

家族で世界一周旅行をしながらでもBUYMAの日々の出品作業は出来ます。

(これは私の目標でもあるのです。)

 

日本でも、アメリカでも、ヨーロッパでも、オーストラリアでも、世界中どこに居ようと日々の仕事は変わらずにできるという事ですね。

 

外注さんを雇って出品するという事も巷のネット情報には書いていますが、

私はまず自分でやってみる事を強くオススメします。

それが経験となり、BUYMAというものを理解出来て自分の力となっていくという理由からです。

 

扱えるブランド

海外現地に住んでいるメリットを活かし、様々なブランドを取り扱う事が出来ます。

例えばアメリカにお住まいなら日本には発送していない穴場ブランドも沢山ありますし、国内ショッパーに送料の安さで優位に立てたりもします。

スペインやイタリア、その他各国にお住まいでも上記と同じように、その地域の強みを活かした戦略を立てる事が出来ますね。
ブランドショップやブティックでの直接現地買い付けなども日本国内ショッパーには出来ない手法です。

扱えるブランドは沢山ありますが、BUYMA内でしっかりとしたリサーチをして良いブランドを見つけてください。
基本のリサーチが何よりも大切ですので、そのブランドが扱えるからという判断だけで出品する事のないように気を付けてください。

 

買い付け・仕入れ

お客様から受注が入ってから仕入先を再度チェックして買い付けます。

① オンライン仕入れ
PCで仕入先のサイトから注文するだけなので簡単ですね。

② 実店舗、現地買い付け
こちらはショップやデパートに行って直接商品を買い付ける方法です。
オンラインでは販売されていないものなどは実店舗に行って買い付ける事になります。
こういう商品を扱えるショッパーは少ないので強みになりますね。

 

共通する注意点としては、クレジットカードが必要という点です。

BUYMAでの買い付けにはほとんどの場合、クレジットカード決済となります。

既にお持ちの方は仕入れ用に限度額の確認もして下さい。

 

販売数が増えるにつれ仕入れ額も増えてきますので、限度額の引き上げや新規のカード作成を検討しましょう。

 

日本のカードを作る場合には日本への帰国時に合わせて申し込む必要があるので注意が必要ですね。

多くのカードは受け取りが「本人限定」ですが、中には家族が受け取れるカードもありますので、どうしても帰国のタイミングが難しい場合はそのようなカードをオススメします。

 

また、新たにクレジットカードを作るときにはブランド選択にご注意を。

海外ではJCBが使えない店舗が多くオススメ出来ません。

VISAかMastercardであればほぼどこのショップでも決済が出来ますので便利です。

 

また、海外発行のクレジットカードでも問題ありませんね。

外貨を沢山持っていて使いたい場合などにオススメです。

国によっては外貨持ち出し規制があり、自由に日本にお金を持ち帰ることが出来ません。

 

そんな時は仕入れを海外発行カード利用の外貨で支払い、BUYMAからの売上金は日本の口座に日本円で振り込んでもらえば両替にもなり一石二鳥です。

 

発送

先進国やファッションに精通した国に住んでいる方は、現地で買い付け自分で発送することにより送料を安く抑える事が出来ますのでこれがメリットとなります。
現地で買い付けというのは、上記のオンライン仕入れ・現地直接買い付けに共通します。

例えばアメリカにお住いの場合、BUYMAでは「USPS特別割引配送サービス」という割引サービスがあり、送料を安く抑える事が出来ます。

他の地域でもショップからの送料が高めに設定されている事も多く、自分で発送することで送料を押さえる事が出来ます。

その際は運送業者に優待割引が受けられるかどうかを確認しましょう。
「月に○○個送るから割引をして欲しい」などと交渉する事で安く契約出来る事があります。

こういう交渉力もビジネスをする上では必要になってくるので抜かりなくコスト削減をしていきましょう。

 

BUYMAからの入金

上でも少し話しましたが、BUYMAからの振込は海外口座か日本口座から選択することが出来ます。

海外口座:振込手数料が1000円/回
国内口座:378円、楽天銀行のみ216円/回

手数料を見ると、日本口座の方が安いですね。

手数料の安さは大切ですが、しっかりとしたビジネスを行うんだという事を忘れないでください。

リスクヘッジの観点から、ネットバンクのほかにメガバンクも併用する事が望ましいと思います。

 

このブログの読者さん達には、そういうジネス観点を持ってBUYMAに取り組んでいただきたいと考えるからです。

 

まとめ

いかがでしたか?
みんなが憧れる海外生活ですが、副業などで稼いで収入が増えるともっと楽しむことが出来ますよね。
BUYMAで少しでも豊かな生活に変えてみませんか?

Contact Us

ご質問やご相談はこちらからどうぞ!
私が責任を持って回答します。