宛名書き不要の匿名配送”かんたんBUYMA便”がリリース!

こんにちは!

ビレッジ村長です。

2020年10月28日BUYMAにおいて『かんたんBUYMA便』がリリースされましたね!

 

ようやく、、と言った感じですが、メルカリ便のように安くて便利なサービスになり得るのでしょうか?

解説していきたいと思います。

 

かんたんBUYMA便とは?

かんたんBUYMA便とは、日本郵便が提供する「e発送サービス(ゆうパック/ゆうパケット)」を利用して、
宛名書き不要の匿名配送ができる配送サービスになります。

販売者であるパーソナルショッパーの皆さんにおいては、発送時に個人情報を知られてしまうことに抵抗があったと思いますが、こちらを利用すればメルカリ便のように匿名で配送ができます。

 

匿名で配送ができるサービスというのは実は『発送代行GIFTBOX』ですでにスタートしていました。(勝った♪)匿名発送BLACK BOX

 

まあ、知られたからと言ってトラブルになったケースはないですし、聞いたことがないですが、知られずに済むならそちらの方が断然いいですよね。

 

かんたんBUYMA便のご利用条件

実はかんたんBUYMA便の利用には条件があり、条件を満たしていないと利用できません。

・出品者が日本国内在住
・日本国内から発送
・ビューティーカテゴリ、電子タバコ以外の商品

この3点の条件を満たしていれば利用できるということなので、一般的な日本在住ショッパーであれば利用できるということです。

 

ちなみに発送代行GIFTBOXの場合は、買付先からの荷受と発送も代行しますので、日本在住ショッパーはもちろん、海外在住ショッパーでもご利用いただけます。

海外在住ショッパーの方で匿名発送したい方は発送代行GIFTBOXをご利用ください。

 

 

かんたんBUYMA便の配送料金

かんたんBUYMA便の配送料金はこちらです。

・ゆうパケット 280

・ゆうパック 60サイズ 800

・ゆうパック 80サイズ 950

・ゆうパック 100サイズ 1100

・ゆうパック 120サイズ 1250

(全て段ボール代金別途必要)

 

ちなみに発送代行GIFTBOXの配送料金はこちらです。

・ポストサイズ 300円

・コンパクトサイズ 600円

・60サイズ 650円

・80サイズ 700円

・100サイズ 750円

・120サイズ 800円

・140サイズ 950

(全て段ボール代金込み)

 

比較してみると、かんたんBUYMA便の料金面は特別安くはないようです。

 

 

かんたんBUYMA便のメリット・デメリット

もちろんメリットもデメリットもありますので考えた上で利用しましょう。

かんたんBUYMA便のメリット

【匿名配送】

購入者もパーソナルショッパーもお互いの住所や名前がわからないまま商品が到着しますので個人情報が保護されて安心です。

 

【受け取り場所を選択できる】

購入者は、自宅以外にもローソン、ミニストップ、郵便局、はこぽすで受け取ることが可能です。

 

【宛名書き不要】

最寄りの郵便局に配送用コードを持ち込み、専用端末(ゆうプリタッチ)のスキャナーにかざし、作成された配送伝票を荷物に貼り付けるだけで完了です。宛名書き不要です。

 

【全国一律料金】

配送料は全国一律料金なので、遠方に発送する荷物や、北海道や沖縄など、遠方にお住まいで配送料が高くなりがちな方には大きなメリットです。

 

かんたんBUYMA便のデメリット

メリットばかりではなくデメリットもあるのでしっかり確認した上で検討しましょう。

 

【持ち込みが必要】

かんたんBUYMA便は最寄りの郵便局へ持ち込みの必要があります。注文数が多い方は大口契約をして集荷もお願いしているはずです。

その発送を毎日郵便局へ持ち込むことを想像すると、、、地獄ですね。

 

あなたは稼げば稼ぐほど、あなたの時間の価値がどんどん上がっていきます。1時間あれば新たな商品をリサーチできたり、出品もできます。

 

一般的なアルバイトでも時給1000円前後ですが、経営者として稼いでいるあなたの価値は、時給で考えたら5000円にも1万円にもなると思います。

「郵便局は近いし苦にならないからいいや。」と言っても毎日それが積み重なっていくことを考えましょう。

 

 

【キャンセルの可能性】

郵便局に持ち込んだ際に配送サイズは確定されます。

その際に予定のサイズより大きくなる場合には、その上のサイズが適用されます。

最大が120サイズまでなので、それを超える場合にはかんたんBUYMA便は利用できませんので、別の配送方法を確認し、お客様にも了承を得なければいけません。

 

そして配送方法を変更したり、お客様の住所を確認する必要が出てきます。

一旦キャンセルして再度購入手続きが必要になります。

キャンセル理由は【商品を買付けできなかった】を選択する必要がありますので、配送方法の変更の手間と、キャンセル率の上昇が懸念されます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

BUYMAの新たなサービス「かんたんBUYMA便」は、宛名書きが不要になるのと、匿名で発送できるようになるので個人情報が心配な方には素敵なサービスですね。

手前味噌になりますが、「発送代行GIFTBOX」なら、同じように匿名発送ができます。また、送料も安い!荷受けも検品もお任せ!なので、こちらもご検討いただければと思います。

皆さんの参考になれば嬉しいです。

ではまた!