バイマで転送を使うと次のステージで稼ぐことができます

村長

こんにちは、BUYMAブログNo.1の村長です。

主婦の副業やサラリーマンの副業で人気のBUYMA(バイマ)はリスクなくスタートできますが、きちんと進めないと稼ぐまで時間がかかりますね。

前回のブログでは、ステラのブーツで利益1万円以上獲得していた方法をご紹介しました。

それだけを継続のできる方法ではありませんが、応用すれば常にそのチャンスはあります。村長がバイマの活動を始めた頃にやっていた内容です。何かの参考になれば嬉しいです。

前回記事はこちら

バイマで単品1万円以上の利益を取る方法

 

本日は、利益がなかなか伸び悩んでいるあなたや

「転送サービスを使ってみたいけど、転送がどんなものかよくわからないし不安」

と感じているあなたのために書いています。

 

 

1.  まずは転送を使わず直送のみでやってみる

村長がBUYMAを始めた頃の話です。

開始から2ヶ月間は商品を直送できるショップのみで活動してきました。

 

転送業者はどこがいいのかよくわからないし、費用もかかって利益がでなさそうだと抵抗のある人も多いと思います。

日本へ商品を直送できるショップも沢山ありますので、まずは日本へ直送できる仕入先だけでも十分活動はできます。

 

よく聞く話だと、月に20万くらいの利益まではASOSの商品を扱い、それ以上稼ぐためにアメリカ転送に移るという話を聞きますが、タイミングとしては、一週間のうちに複数の受注が入るくらいになってから転送を利用するとスムーズだと思います。

 

 

2.  ある程度売れてきたら転送も使ってみる

僕の場合、初心者としては初月からそこそこ売れていたと思いますが、イメージ通りに利益は伸びず開始から2ヶ月連続で7万円台でした。

本業も忙しかったとは言え、一年で一番商品が売れる12月に利益を伸ばせなかったことに悔しく感じていたことは先日の記事でも紹介しました。

BUYMAで稼ぐための活動時間はどれくらい?スタートから100万円達成まで

 

そこから3ヶ月目から変化が起きたのは転送業者を利用したからです。

上記でお伝えした通り、日本へ直送できるショップだけでもたくさんありますし、転送が絶対ではありません。

 

でも、世界は広く、比率的には日本へ発送できないショップの方が多いので転送業者を利用した方が扱えるブランドや商品の幅が広がります。

その結果、直送のみより稼ぎやすくなるというのは当然の流れですね。

 

そこで課題となるのは、転送時にかかる手数料や送料が割高だったり、転送業者によっては月額費用がかかる場合もあります。

費用がかかることで利益に影響しますので、ある程度の数量を転送で輸入しないと単品では利益が出なくなるということです。

村長

バイマでリサーチしていると、せっかく仕入先を見つけても日本に発送できないショップが多く、結局現地の海外在住ショッパーが有利なんでしょ!と思っているかもしれませんが、日本でもその商品は購入できます。

転送業者を活用すればいいんです。

 

 

 

2. BUYMAでアメリカの転送業者利用

2-1. 転送業者で利益アップ

やはり、ある程度の注文を受けられるようになったら転送業者を利用することはオススメです。

ここで「ある程度の注文が受けられるようになったら」と言うのには理由があります。

 

商品を買い付けて一旦、転送業者の輸入代行を通して商品を輸入するので、そこには手数料や送料が発生します。

転送会社によって料金は様々ですが、仮に5,000円が商品とは別に転送の費用としてかかったら、その分の利益はマイナスになるということです。

 

逆に一回の商品転送で5,000円かかったとして5個まとめて発送すれば1個当たり1,000円の費用になるわけで複数を同時に輸入する方がお得です。

だから、ある程度注文が増えてきたら転送を最大限活用できるということになります。

リサーチをしている中で、シュッパーの居住地が日本なのに海外発送というものが始めの頃は不思議でした。

きっと、特別なパートナーと契約をしているんだろうなど難しく考えていました。

転送業者なら相手もプロですから安心して始められますね。なおかつ日本語対応であれば申し込みをするだけですぐにスタートできますね。

松尾

買い付けさんの求人となると思うようにお仕事をお願いできなかったらどうしようという不安もありますが、転送業者なら、そんな心配もいらない!
今すぐトライできますね(^^)

mika

 

2-2. 転送を使うと仕入先の対象が増える

また、今までリサーチしていたブランドやショップは、「直送のみ」に限られていたステージから、それ以外の日本発送しないオンラインサイトや現地実店舗買付けも対象になりますので圧倒的に仕入先の数が増えます。

 

今までは、せっかく仕入先を見つけても断念していたかもしれませんが、転送業者を利用すればほぼ全てのショップが仕入れ対象になるということになります。

 

転送を活用して利益も取りやすくなり、仕入先の幅も広がる。

 

2-3.転送を使うとライバルが減る?

ズバリ、初心者が参入しづらいのでライバルが少なくなります。

上記でお伝えした通り、費用がかかることが主な理由ですね。

 

また、そもそも転送業者の存在を知らない人とか、知っても抵抗があり使えない人もいます。

その結果転送業者を使用するとライバルが減り、BUYMAで稼ぎやすい環境になります。

 

 

そんな、メリットばかりの転送は使うしかないですね!

その頃、サラリーマンの副業で活動していた村長にとっては転送業者を挟むことは少し緊張しましたが、問題なく利用することができました。

 

 

3. オススメの転送会社

ネットで調べれば転送業者は色々出てきますので自分にあった業者を選択すれば良いと思います。

しかし、色々ありすぎて何を選べばいいかわからない人も多いはずなのでまとめ記事も書いています。

 

 

実際に村長がはじめに利用したのは、

アメリカ売れ筋どっとネット http://www.america-uresuji.net/tenso.html

担当者のりえさんは日本人なので、日本語対応していただけますし、現地買付けでデパートでの買付けも依頼できます。

でも、代理購入は商品の10%が手数料になるので、すごく高いと感じて他の転送会社にしました。

 

 

その後、利用したのは、

fishisfast http://www.fishisfast.com/

こちらも日本人の担当者、樋口さんが迅速に対応してくださるのでとても利用しやすいです。

日本語対応なら細かな注文や、急な変更の相談などもできて安心ですよね!

mika

 

他にもありますが、当時は英語のできない村長は扱いやすい日本人担当者のfishisfastを利用しました。

fishisfastは扱いやすくオススメですが、更にオススメはBUYMAに特化した転送会社の「らいおん便」です。

 

それについては、こちらの記事を確認してください。

 

 

まとめ

・日本直送可能サイトよりそうではないサイトが圧倒的に
多い

・初心者は参入しにくいから少しライバルが減る

・fishisfast http://www.fishisfast.com/ がおすすめ

最初は3個とか4個とかをやっとまとめて転送してましたが、軌道に乗り出したら20個、30個とまとめて発送できるようになりました。

 

合わせて読みたいBUYMAパーソナルショッパーについて短期間で徹底的に学ぶなら
こちら→https://the-buyers.jp/bootcamp-3/